旅の目的は主にアートです。

旅は日帰りも含みます。近くの美術館から遠くの美術館まで。観たいものは観たい!気ままな鑑賞日記です。

生誕100年朝倉摂展 練馬区立美術館 2022.7

 

『歓び』 きれいな、ピンク色の豊富さがとても好き

朝倉摂といえば舞台美術家の印象が強かったのですが、日本画家、絵本画家の顔もあったことを知り、表現の仕方を変えていくアーティストがとても好きなので、俄然興味が出ました。

日本画から出発した表現は、キュビズムの追求、そして戦後の炭鉱や漁村の労働者、60年安保闘争など、モチーフが移り変わり、また同時に、顔料とカンヴァスの組み合わせなど、道具や素材にも自分のオリジナリティを常に追求し続けていたことを知れる構成になっていました。

メインビジュアルにもなってる『群像』 キュビズムの初期の作品

 

印象に残ったのは『日本1958』の男性のアングルや『おんな』の表現。

スケッチブックの展示もありました、絵のうまさがよくわかる。初期の頃の作品は女性が多い印象でしたが、スケッチには男性もちらほら見えました。

舞台美術の展示は、舞台模型、舞台写真、エベレーション、といった装置の展示からパンフレットやポスターまで、見応えがありました。私は今ほど演劇を観ていなかった時代のものなので、観たことある舞台はなかったな、残念だな、と思いながらじっくり観ました。特に『蜘蛛女のキス』は素敵だった。

絵本原画は、日本画の時代の作品がもっとかわいらしくなったような、色彩がきれいで引き込まれて観ていました。絵本は好きだったけれど、私はあまり子供の頃に読んだ記憶がないな〜こちらも残念だな、と思いながら。『てんぐのかくれみの』の、かくれみのの表現には思わず息を呑みました。コラージュを使った透明の表現、素晴らしかったです。

もっと早く会いたかったアーティスト。でも今回、いろいろ知ることができて、よかった。





仙厓ワールド また来て笑って!仙厓さんのZenZen禅画 永青文庫 2022.6&7

 

夏の散歩道

永青文庫までの道は散歩にぴったり、最後の階段がちょっときついけど。今は何やってるのかな?って調べたら仙厓さんの禅画で、一度まとまってみたかったし、前期後期でほぼ入れ替えというので、はりきって両方堪能してきました。(気づいたの前期終わる直前のギリギリの駆け込みでしたが)

前期公開の『龍虎図』の虎がポスターに

仙厓の禅画を中心に、白隠、誠拙といった禅僧の書画作品で構成。

形の取り方とか墨での表現とか、みんな絵が上手い人だったんだな〜というのが滲み出ていましたが、でも目的は禅の教えを説いたり、広めたりするためで。特に、恵まれない人への歩み寄りとかも表現してて。

禅画の構成の説明の展示もあって、勉強になりました。

人物、動物もキュートだけど、朝顔、花見、朧月、などなど季節を感じる作品が好きだな、と感じました。

仙厓以外で、特に惹かれたのが白隠の書。きりっとした線がモダンな感じもして、とても魅力的でした。

あなたが選ぶ禅画キャラBest10って投票があって、私は好きなので、鍾馗に投票してみた!展覧会終了後、結果発表なので、結果が楽しみです。

急な階段を上がったあとに

その先、わくわくする道

人気投票!結果が出てました。

鍾馗は4位!狗子より上って結構健闘ではないでしょうか?

https://www.eiseibunko.com/images_exhibition/2022/zenga_best10.pdf

香道の世界 ~志野流香道五〇〇年の継承~ 増上寺宝物殿 2022.6

梅雨明けのすごく暑い日に。

増上寺といえば、力道山のお墓があって、節分にはプロレスラーが豆まきで参加するのでいつか行ってみたいと思っていたので、こんな形で訪れるのは意外でした。

日美のアートシーンで、香道の展示があるとのことで行ってみました。宝物殿どこから入るのかわからなくて増上寺の周りをうろうろしちゃった。普通に中に入ればわかりやすかったです。

香道と聞いて思い出すのは『丘の上のミッキー』。主人公の恋人が香道の家元の息子という設定で、香りは聞く、とか組香とか、豆知識なことを知った覚えがあります。

増上寺宝物殿、入ってびっくりしたのが、

篠田桃紅の作品が!こんなところで!うれしい。

撮影可だったのでいっぱい撮っちゃった。

オペラシティの篠田桃紅展でも、建築物での作品はたくさん紹介されていていつか見れるといいなあと思っていたので思いがけない出合いがうれしかったです。

肝心の香道ですが(こちらは撮影不可)、今で言うテキストや心得などの書物、掛軸などの展示。特に『香道軌範』という書物に香炉の説明(こういう香炉にはこういう風に香をのせる、みたいな説明に見えた)が挿絵付きで書いてあって。なんかとぼけた鳥のイラストが描いてあるなあと思ったら鴨の香炉の説明でした。なんとも可愛かった。

次に香道のお道具の展示、そして香の展示。ガラスケースに入っているので香りは分かりませんが『六十一種名香一覧』あと、有名な『蘭奢待』。和紙を組み合わせた素敵な展示でした。聞香体験会、講演会などもあったようなので、参加してみたかったな。

ポスター、入口など、アートワークが素晴らしかったです。

 

イスラエル博物館所蔵 ピカソ/ひらめきの原点 パナソニック汐留美術館 2022.5

版画を中心に、というコピーに惹かれて。

青の時代、バラ色の時代からキュビズムシュルレアリスムまで、幅広い年代の作品群を版画を中心に油彩画や墨画、素描まで、満遍なくピカソの魅力を味わえる展覧会でした。

ピカソの作風の変遷とともに、女性遍歴も重なっていくので、キャプションに女性の名前が出てくるたびに、え〜っと、さっきの作品は誰だったっけ?という感じに出品リストを振り返ったりしてました。うん、まあ、もてるからしょうがないのね…まあ、確かに格好いいし、あの強い力の目に見つめられたら引き込まれちゃいそうな気もしないでもない、なんて思いながらも、ちょっと複雑な気持ちになったりもしました。

版画に関しては、エッチング、ドライポイント、リトグラフ、等々それぞれの技法の説明パネルがあってわかりやすくてよかったです。シュガーリフト、という技法があって、初めて聞きました、砂糖を使う技法。私はエッチングのシンプルな線の作品が好きです。

一番、好きだったのは〈ヴォラール連作〉のキュビズムな『ほおづえをついて座る裸婦』、どことなく勝気な表情が面白かった『頭像に見入る彫刻家とモデル』『試作する若い彫刻家』。

〈347シリーズ〉は86歳の時の版画連作で、『横たわる裸婦と髭のある頭部』は88歳の時のドローイング。晩年の作品もなんか、表現の可能性を追い続けているような自由な豊潤さも感じて、最後まで精力的だったのが伝わりました。天才なんだな、やっぱり。

 

以下は撮影可コーナーにて。

窓辺の女

シルヴェット・ダヴィッドの肖像

首飾りをつけた女

篠田桃紅展 東京オペラシティアートギャラリー 2022.5

ー篠田桃紅は、70年を越える活動を通して、前衛書から墨による独自の抽象表現の領域を拓き、孤高の位置をまもりながら探究しつづけました。(展覧会公式webより)

昨年、107歳で亡くなった篠田桃紅没後初の回顧展。

篠田桃紅を知ったのは、ちょうど、100歳の時に上梓した本を書道の師匠に借りたのがきっかけだったので、8年前か。その後は、テレビ出演や著作など欠かさずチェックしていました。

作品はもちろん、その考え方や生き方も好きです。自分が現代書の作品を作りたいと思ったとき、今からできるかな?と逡巡してたのですが、とりあえずやってみよう、今が一番若いんだし、年に1つでも作れば10年やれば10作品できる、とかよくわからない自信を持てたのも、この方の影響があるかも。

この展覧会を知ったのは、4月入ってすぐで、ああ、オペラシティアートギャラリーの天井の高い空間にぴったり、楽しみだわ、と思ったのだけど、ちょうど自分が毎年出品している展覧会に出す作品を作っていた最中だったので、今、観に行ったら、影響を受けすぎるんじゃないか、とか自分はダメダメだなあと劣等感を刺激されちゃうんじゃないか、とか思って、5月GWに作品を仕上げてからやっと行ってきました。

行ってみて、それは杞憂だったと反省しました。素晴らしい作品に感動し、創作意欲を刺激されるしかなかった。

作品は年代を問わず並べられていて、同じ題材で、いくつも描かれている作品(『火』1954年、1981年、1988年、1991年など)が並べられていると、ひとつのテーマをずっと掘り下げていった作家の意欲が感じられました。

同じく題材が同じでも、並べられていた『音』2作品(ほぼ同じ年代に制作)は、片方にはメロディが感じられ、もう片方にはリズムや躍動感を感じて。同じ題材でも表現方法の違いを追求したのか、おもしろさがありました。

目に見えないものを墨で表現したいという気持ちが伝わってきて、これが創作意欲を刺激するなと(勝手に感じただけですが)やる気が出てきました。

版画作品もあって、実物を観たのは初めてだったかも。墨の表現を版画の偶然性に身を任せているのが潔くて好きだな、と思いました。書の表現も偶然性に任せることもあるから、似ているのかもしれない。

東京オペラシティアートギャラリーで6/22まで。書でもあり絵でもありもしかしたら彫刻ともいえるかも、な自由な表現、堪能できます。

 

昨年は横浜のそごう美術館でも展覧会があって、亡くなられてすぐの春でした。

こちらの展示は、ご本人の「作品タイトルで先入観を与えたくない」という意向で、作品にはキャプションがなく、まっさらな気持ちで作品の一つ一つと向き合うのが楽しかったです。(展示目録はあるので後からチェックしていろいろ考えるのも良きでした)

 

オペラシティアートギャラリーコレクション展にあった李禹煥。8月からの国立新美術館李禹煥展も楽しみ。

 

生誕110年 香月泰男展 練馬区立美術館 2022.3

f:id:chiegon:20220324235824j:plain

葉山の神奈川県立近代美術館で開催していた時に、日曜美術館のアートシーンで取り上げられていた『シベリア・シリーズ』に興味を持ちました。巡回に練馬区立美術館があったので、そちらで観ようと思っていて、また閉幕ギリギリでの鑑賞となってしまった。前期後期入れ替えがあったので『シベリア・シリーズ』全作品鑑賞とはならなかったけど、それでも、満足な鑑賞体験となりました。

ロビーのバナー、黒と白で印象的

『シベリア・シリーズ』は32点からなる香月泰男の代表作。1943年に召集、日本降伏後シベリアに送られ、1947年に復員するまでを余儀なくされた兵役と抑留体験を描いています。

思っていたのと違ったのは、『シベリア・シリーズ』をまとめて展示しているのではなく、初期から晩年まで制作順の展示構成になっていたこと。多くの作品の一部でありながら、こつこつと描かれ続けた『シベリア・シリーズ』がところどころに現れる。1973年の遺作も『〈渚〉ナホトカ』。戦争、シベリアでの過酷な体験がいつまでも画家の心の中に重く残っていたかということがよくわかります。

画家は、絵に説明はいらないものだけれど、伝えたいこともある、と『シベリア・シリーズ』のみ自筆の解説文が添えられていました。極寒の地、過酷な強制労働、死んでいく仲間たちと自分もいつそうなるかという死への恐怖…より鮮明に伝わってきます。

故郷と繋がっている夜空にきらめく星と、地上の有刺鉄線、希望と絶望をも対比させた『星〈有刺鉄線〉夏』が中でも印象に残った作品でした。

『絵具箱』はナホトカの船待収容所で絵具箱を枕に寝ている自画像。会場の最後にその、絵の具箱の展示がありました。母に買ってもらった絵具箱で、蓋の裏に作品の構想が書いてあって、なんでこんな人が戦争に行かなければならなかったのか、と平和の大切さを感じさせられます。

f:id:chiegon:20220324235843j:plain

f:id:chiegon:20220324235932j:plain

画家の言葉

 

『シベリア・シリーズ』以外も素敵な作品はたくさん。70年代に入っての、初のヨーロッパ訪問でのフランスの風景画もよかった。

 

練馬区立美術館では終了、この後は足利市立美術館に2022年4月5日~5月29日で巡回です。

 

楳図かずお大美術展 東京シティビューTOKYO CITY VIEW 2022.3

f:id:chiegon:20220324225802j:plain


子供の頃、怖い漫画が大好きだったのですが、なぜか楳図かずおの漫画は通らず。『洗礼』とかは先に映画で知ったくち。

好きな漫画にオマージュ的に出てきて『神の左手悪魔の右手』や『赤んぼ少女』を、当時やってたテレビ番組のBSマンガ夜話がきっかけで『わたしは真吾』を読んで、好きになったのでした。その頃にはタレント的な活動が多かったからテレビでの言動も好感を持つことが多かった。

あと、学生時代、中央線で通学していたので何回かご本人をお見かけしたことも。

『わたしは真吾』は大好きで、ミュージカル化された時(2016年)も観に行って、漫画もよく読み返します。80年代にこの内容は本当にすごいよねえ。そしておもしろいし。さどの島銀河芸術祭(2021年だったかな、観に行きたかった)に作品が出た時もああ、この作品は不滅なんだな、と思ったり。

フランスの第45回アングレーム国際マンガフェスティバル(2018年)で遺産部門(LA SELECTION patrimoine)に選ばれたときもうれしかったけど、今さら?とも思ったり。ただ、休筆されていたとは恥ずかしながら知らなくて、そして、この賞を取ったことがこの展覧会で公開された新作を描くきっかけになったことにも驚きました。

f:id:chiegon:20220324222243j:plain

ZOKU-SHINGO

展示のメインが『わたしは真吾』の続編なので絶対観に行こうとはりきっていたのに久しぶりの閉幕間際の鑑賞となってしまった。東京シティビューは夜遅くまでやってるからつい後回しにしがちです。

ZOKU-SHINGO 続わたしは真吾 小さなロボットシンゴ美術館』は101枚に渡る絵画の作品です。さとるとまりんとシンゴにまた会えた、そして変わってないうれしさと、本当に絵が上手いなあという感嘆と。ぐるぐる何回も観てしまった。27年ぶりの新作で『わたしは真吾』から40年とは。

また、今回は現代アーティストとのコラボもあり、彩色画のZOKU-SHINGOの後に、『Shadowings』冨安由真のインスタレーションと組み合わせた、下描きと呼んでいいのか鉛筆で描かれたZOKU-SHINGOを観ることができます。色がない分、見えるものもあって、また、彩色画の方を観に行ったり、と本当にぐるぐる。

あと、今回は、よくぞこの会場でみせてくれた、というのもありますよね。

だって…

f:id:chiegon:20220324221847j:plain

f:id:chiegon:20220324222212j:plain

『回想回路』エキソニモ

だって、背景に東京タワーだもの!!!「333ノテッペンカラトビウツレ」

f:id:chiegon:20220324222449j:plain

f:id:chiegon:20220324222801j:plain

時間経過…夜景も映える

f:id:chiegon:20220324222724j:plain

『わたしは真吾』の扉絵

他の作品もあったのですけど、思う存分『わたしは真吾』の世界に浸ってしまいました。

f:id:chiegon:20220324222828j:plain

東京での展示は3/25で終わってしまいますが、大阪に巡回があります。2022年9月17日~11月20日あべのハルカス美術館こちらも高層なんでしたっけ。きっとおもしろい展示になるんでしょうね。